私ならこうする。一戸建ての選び方

一戸建てを購入する際大きなウエイトを占めるのが駐車場が有り、無しなのではないでしょうか。敷地の中に駐車場があるかないかで金額が大きく違う、一般の人が購入する場合、近くで駐車場を借りると車を持ち続ける間はずっと払い続けなければなりません。ローンなら家の中に含まれ家のローンが終われば必然的に駐車場の支払いは終わります。マンションと違って一戸建てのメリットは管理費が掛からないことです。マンションの場合は稀に買取式の駐車場はありますが、大半の場合は駐車場料金が別途掛かります。それに管理人さんに払う管理費等が掛かって来るためローン以外の経費が掛かり月の支払いが同じならローンを返す比率は一戸建ての方が有利と言えるでしょう。例えば3000万円の一戸建てとマンションを比べた場合35年のローンで月の支払いが両方10万円の場合、マンションは管理費、駐車場代で2~3万円は変わってきます。月2~3万円は一般のサラリーマン世帯にとって大きな出費と言えます。そして一戸建てとマンションの違いは将来、建て替えを検討した場合、一戸建ては自分の土地のため自分の自由自在ですがマンションはマンションの入居者全員の話し合いが必要で資金的な折り合いもあるためマンションの建て替えは、かなりの困難が予想されます。また一戸建てにも様々な種類があり和風か洋風にするかでも違いますが、何階建てにするかでその後の生活は変わってきます。今の世の中、理想を言えばバリアフリー化を追求し広い敷地があれば平屋建ての家を建てるのもいいでしょう。最初から歳を取った時のことを想定して平屋にする方法もありますが都会になると敷地も限られているため必然的に2階3階建ての一戸建てが多くなります。なかには限られた敷地に建てたため急勾配の階段をよく目にします。敷地が限られていますので無理は言えませんがその辺はよく考えて一戸建てを選ばれるのがよいのではないでしょうか。皆さんそれぞれに合った家にめぐり会えることを願います。

建売住宅と注文住宅

そして一戸建ての中にも建売りと注文住宅がありまして一戸建ては既に設計図面に基づき建物が建設終了したもので販売を行なうものですので、家の間取りであるとか或いは部屋の中の間取りや和洋室の配分などは最初に決まってしまいます。これはこれで一つ一つの仕様や内容を決める手間がかからないのですが、その反面で後で交換などしますと出費などが大変な事となります。一方の注文住宅の場合では敷地の中での建物の位置や建物の外装や内容など主要なものは全て選択する必要が出てきます。注文住宅はこれらの打合せであるとかショールームなどに見に出かけるなどして手間がかかりますが、本人達が納得した仕様ですので文句の出ない事が良い点としてあげられます。注文住宅はこれ以外にもお金を多くかける部分と、少しグレードを落としてお金の増えた分を調節して、全体の金額は維持するなどの細かい調整が出来る点も良い事だと思います。注文住宅は建設の検討をスタートしてから打合せなどの期間を見込んでおいて対応する必要が有りますので、注文住宅の完成までは時間が長くかかります。

Copyright ©All rights reserved.建築士が注文住宅の不動産を建築設計 .