近所にできた一戸建て住宅。

近所に出来たばかりの一戸建て住宅があります。そこは広い土地に小さな家なのです。売値も妥当な金額です。まさしく私の理想の家です。子供の頃からずっと賃貸アパートだったので、庭もなく狭い空間で暮らしてきました。それが当たり前の毎日だったのです。しかし初めてこの空間から、抜け出したくなって来ました。きっかけはこの近所にできた一戸建て住宅を見たからです。近いし、庭も広くて犬も飼えそうなのです。一戸建て住宅と言えば犬を飼うイメージもあるのです。どうしてもこの家に住みたいので、夫と一緒に完成見学会に行きました。これは誰でも行ける見学会なのです。車も4台はおける駐車場の広さです。庭はバーベキューができそうな広さです。もちろん犬も飼えて、犬小屋も置くことができます。家に入る前からお気に入りだらけなのです。入ってみて驚いたのは玄関が広いことです。雨の日には自転車も入れれそうな広い玄関です。リビングも22畳もあってゆとりがあります。これなら家族みんなで寝ることもできます。大なテレビを置いても十分場所があります。和室が一つあって、床の間もちゃんとあります。二階には部屋が3部屋でそれぞれに、ベランダがついています。窓も大きくて外の眺めも最高です。すべてが気に入りました。トイレも一階と二階に一つずつあります。これで毎朝のケンカがなくなるでしょう。私には本当に理想の一戸建てです。こんな家に住みたかったのです。一番のお気に入りは今流行りのオール電化住宅なのです。これが憧れのオール電化です。シンプルなキッチンで料理を作ったら美味しいだろうな。早くこのキッチンで料理を作りたいです。夫と相談して前向きに検討しています。するとまた近所に、一戸建て住宅ができました。そこも犬が飼える位の広い土地に小さな家が建ってます。これもまた私の理想通りの家なのです。近所に理想の家が二軒もあって、私は今とても悩んでいるのです。二軒目にも完成見学会へ行きます。一戸建て住宅はみんなの憧れです。

どうせ住むなら一戸建てです

今地方で古民家を貸している物件が多くなってきています。古民家ですので広い一戸建てです。そこに、一人暮らしをする学生も少なくないです。この目的は移住者を増やして人口を増やそうという理由です。わたしは生まれてから大学に入学して一人暮らしを始めるまでは実家、つまり一戸建てに住んでいました。逆に大学に入ってからは一人暮らし用のマンション、就職してからは独身寮、結婚してからは賃貸万マンション、そして一度転勤までに購入して住んだマンションととにかく一戸建てに住んだことがありませんでした。今実際に住んだ年数を数えてみると実家の一戸建てに18年、そして大学に入ってから今まで21年間がマンションといつのまにか一戸建てに住んだ年数をマンションで住んだ年数が追い越してしまいました。ですがわたしがずっと考えているのがどうせ住むなら一戸建てです。これはどちらも経験したうえで感じたことですからこれからも変わらないことだと思います。実際に一度持ち家を購入しようとした時も最終的には実家の一戸建てを立て替えて住みたいというおもいが強かったので仮住まいのつもりでマンション購入を行ったほどですから。

Copyright ©All rights reserved.建築士が注文住宅の不動産を建築設計 .